婚約指輪について

婚約指輪とは婚約のときに男性から女性に渡す指輪のことを言います。
特に婚約指輪は石の付いたものがほとんどですが特に決りはありません。
まず結婚指輪と婚約指輪がごっちゃになっている場合は、はっきりしておきましょう。

結婚するときに用意する指輪には結婚指輪と婚約指輪があります。
婚約指輪はエンゲージリングといって、婚約の約束を記念して男性から女性に贈る指輪のことです。
結婚指輪はマリッジリングと言い、結婚式で新郎新婦が交換するペア指輪のことを言います。
結婚してから左手の薬指に常時着けて既婚者だという印にもなります。

さて婚約指輪の歴史は古代エジプトにあると言われています。
当時は太陽や月などをかたどったリングだったとのこと。
円は完全無欠、永遠ということで、心臓のある左の薬指に着けると言われていたようですが、古代は宗教とも関係があったのではないかと言われています。

婚約指輪の現在の相場ですが、昔は男性の給料の3カ月分と言われていました。
しかし現在は給料には関係なく20万円~40万円が相場とされています。
もちろんそれ以上の人もいればそれ以下の人もいますが、心がこもっていることが大切ではないでしょうか。
また最近では結婚式もしない、婚約指輪もなし、結婚指輪だけペアで購入するという形式に拘らない若者も増えているようです。

また婚約指輪を贈るタイミングはいろいろですが、プロポーズをするときに渡す男性もいます。
またプロポーズをしてOKをもらってから、あらためてムードのあるお店などで渡すという場合もあります。
他にも女性の気に入ったものをということから、2人で買いに行くという場合もあります。
女性の希望にも寄るのではないでしょうか。



<特選サイト>
予算に合わせて婚約指輪を購入できるジュエリーショップです ―> 婚約指輪 購入